株式会社 サンテクノ ホームへ戻る
ウォーターキープとは? ウォーターキープの使い方 ウォーターキープのご注文 不動産物件 会社案内 製品案内 お問い合せ
アクアキープとは
苗木の活着を促進する土壌保水剤
乾燥しがちな土壌では、苗木の根の生育に必要な水分が得られず、活着が困難です。ウォーターキープはその細かい粒子に水をたくわえ、根を包み込んで水分を供給。しっかりと根つくのをサポートします。

安全で、環境にやさしい素材です
ウォーターキープは高吸水水性樹脂で、粉末のポリマーです。
赤ちゃん用・介護用紙オムツや、生理用ナプキンなどにも使用され、医療用具として認可されています。
水と混ぜると分子が水を吸ってふくらみ、ジェル状になります。苗木の根に付着させることで、水の粒が根を包み込み、根つき・根張りに必要な水分を供給します。phは5.6〜5.8の中性で、植物にダメージを与えたり根を傷めることもありません。果樹の苗木の育成剤としても安心してお使いいただけます。
水分が根や土に吸収された後、水分を失って粉状になったウォーターキープは、植物はもちろん土壌にも無害で、太陽にあたることによって完全分解します。

※平成18年12月1日:アクアキープはウォーターキープに商品名変更を致しました。
 
アクアキープの用途・利用法
水やりの作業が軽減されます
広い範囲にわたって行う植林や、畑への苗の植え付け、芝生の植え付けなど、植えた後の水やり作業はとても大変。
遠く離れた山林や、水の供給源の確保が難しい街路樹などは雨に頼るしかありません。根が細くて短い芝生は、根つくまでこまめな水の管理が必要です。保水効果の高いウォーターキープを使うことで、最初の根がしっかりと水分を吸収し、地中深くに根を伸ばしてたくましく成長します。

旅行などで水やりができない時にも
楽しいみやげ話をたくさん抱えて帰ってきたら、庭の花や木がすっかりしおれていた・・・という哀しい経験、ありませんか?雨の少ない季節や乾燥の激しい季節にはなおさらです。ウォーターキープはこのような時にも便利!ウオーターキープをまいた後、表面の土と軽く混ぜ合わせ、太陽の光があたらないようワラなどで覆いをします。その上からたっぷりと水をかけておくと、数日間は水やりをしなくても大丈夫。覆いを外すと太陽光によってウォーターキープは分解し、もとの土の状態に戻ります。

植林
小さな苗木をしっかり根つかせ、大きな木に。
緑豊かな山々を守るため、沖縄から北海道まで各地の山林を育てるのに役立っています。

水のない場所では雨水のご利用を!
植林・植栽の整地を行う際に、数カ所穴を掘ってビニール袋またはビニールシートを設置し、雨水をためておくと効率よく作業ができます。
雨水にウォーターキープを混ぜて苗木を浸します。
作業中の根の乾燥を防ぐとともに、保水効果を施します。

土と混ぜて使用する!
土に混ぜて使用する際は、土の量に対してウォーターキープを2%程度でよく混ぜてご使用下さい。

※平成18年12月1日:アクアキープはウォーターキープに商品名変更を致しました。
 
活着促進試験報告
1.苗木保水剤 ウォーターキープとは
高吸水性樹脂は、生理用ナプキン、赤ちゃんの紙おむつ、大人用紙おむつ等に利用されており、その安全性は広く認められております。
特性・・・ポリアクリル酸ソウダ及び化成ソーダを成分とする白色の粉剤で水と混合するとゼリー状となり時間の経過とともに徐々に溶解して水分になっていく性質がある。

2.試験の目的
苗木保水剤ウォーターキープの特性である保水力を利用して乾燥の著しい土壌での床替苗木の活着率及び得苗率の向上と健苗の育成を図るため。

3.試験の内容
面積1000uにヒノキ床替苗(苗長12〜15p)42000本を床替し以後の活着率、成長量、山行苗の得苗率について調査した。(試験結果を比較するため隣接地に同規模の対象区を設定した)

4.試験期間
昭和61年2月下旬〜昭和61年10月下旬

5.保水剤の作り方
ポリ容器に水100リットル苗木保水剤ウォーターキープ150g〜200gの割合いで混合し攪拌するとゼリー状となる(濃度は調合割合により自由に調整できる)

6.使用方法
調合した保水剤に苗木の根元部分を2〜3秒間浸して保水剤を付着させそのまま植付する。

7.試験結果
(1)活着率・・・苗木保水剤ウォーターキープ処理苗の活着率98%に対し未処理苗は93%で5%活着率が向上した。
(2)成長開始時期・・・処理苗の4月中旬に対し未処理苗は5月中旬で約一ヶ月成長開始時期が早い。
成長量・・・10月末平均苗長は処理苗57pに対し未処理苗46pで11p成長量が増大した。
(成長量の差については苗木保水剤ウォーターキープ自体には成長を促進さす効力はないので、処理苗が未処理苗に比べて活着時期が約一ヶ月早くそのぶんだけ成長期間が長かったためと考えられる)
最終得苗率・・・処理苗88%に対し未処理苗81%で7%得苗率が向上した。(約3000本)

※平成18年12月1日:アクアキープはウォーターキープに商品名変更を致しました。

アクアキープのご注文はこちら
ページトップへ
 
プライバシーポリシー推奨環境について copy right (c) サンテクノ All Rights Reserved
ホームへ戻る